入園・入学グッズ!基本のきんちゃく袋をつくろう

基本のきんちゃく袋をつくろう

お入園・入学の準備には、お弁当袋やはぶらしコップ袋、着替え袋・・・とたくさんのきんちゃく袋を用意しなくてならなくて大変!今では、お店やネットでハンドメイドのきんちゃく袋が購入できますが、やはりご家庭で手作りすると、「入園(入学)するんだ!」というお子様の入園・入学前の心の準備もできて、とてもいいと思います。そこで、基本的なきんちゃく袋の作り方をご紹介したいと思います。お子様の大好きなキャラクター柄やかわいい柄の生地を一緒に選び、楽しんで作ってみましょう。

用意するもの

布地     32×20cm
カラーコード 50cm
ミシン
アイロン

完成品のサイズは約25×18cmで、はぶらしコップ袋用です。小さなお子様の場合は、しっかりとした薄い生地を選んであげると、閉めやすくていいと思います。

生地を裁断する

生地を縦32cm、横20cmに裁断します。

袋の口になる部分の上から7cmの所に印をつけます。

ミシンで周りを縫う

生地の端をジグザクミシンをかけて、端処理をします。生地を中表にして、袋の口になる部分以外の周りをミシンで縫います。さきほど印をつけた所より上は縫いません。

さきほど縫わなかった部分にアイロンをかけて、折りくせをつけます。

ミシンでコの字になるように縫います。

袋の口になる部分を縫う

袋の口になる部分を5mm折って、さらに2cm折って、まち針でとめます。

ミシンで袋の口になる部分を縫います。

これで袋は縫い終わりました。

カラーコードをきんちゃくに通す

袋を裏返して形を整えます。カラーコードを50cmの長さに切ります。

ひも通しを使って、カラーコードを通していきます。

これで、完成です!

カラーコードを締めてみるとこんな感じになります。きんちゃく袋の大きさをいろいろ変えて、お弁当袋や着替え袋などをつくってみてください。世界でただひとつのきんちゃく袋に、お子様もきっと大喜びすると思いますよ!