入園・入学グッズ!基本の手さげバッグをつくろう

基本の手さげバッグをつくろう

お子様の入園・入学に向けて、準備をはじめた方が一番に悩むのが、たくさん必要な袋類ではないでしょうか。市販のバッグは意外に高いし、手作りしたくても裁縫は苦手で・・・。

そんな方のために基本的な手提げバッグの作り方をご紹介したいと思います。手作りバッグでお子様の入園・入学をお祝いしてみませんか?お子様の大好きなキャラクター柄やかわいい柄の生地を一緒に選び、楽しんで作ってみましょう。

用意するもの

布地       35×45cm
アクリル平テープ 100cm(肩にかける場合は110cm)
ミシン
アイロン

完成品のサイズは約31×43cmです。今回の布地は、キルティング生地を選びました。キルティングは裏地をつける必要がなく、しっかりとした生地なので、子どものバッグに最適です。

生地を裁断する

生地を35×45cmに裁断します。

アクリル平テープを長さ50cmに切り、2本用意します。

アイロンで折り目をつけて、持ち手の位置を決める

布の上側を1cm、さらに3cmに二つ折りにして、アイロンでしっかり折り目をつけます。


右端から15cmの場所にアクリル平テープを差し込んでまち針でとめます。

左端から15cmの場所にさきほどのアクリル平テープの反対側を差し込んで、こちらもまち針でとめます。

ミシンで縫う

折った端から2.5cmの所をミシンで縫います。この時、アクリル平テープも一緒に縫います。

折った端から0.5cmの所をさきほど同様にミシンで縫います。

布の端にジグザグミシンをかけてから、二つ折りに合わせて、両脇を縫います。

袋を表に返して、完成です!

市販品は、持ち手部分を四角に縫っていますが、この縫い方でも強度は十分あります。気になる方は、返し縫をして補強してくださいね。